2020秋アニメランク1018版 – 各話感想付き

2020秋アニメランク1018版 – 各話感想付き

今日から、前回から変動したランクをちゃんとメモしようと思ってます。

あと、今日からタイトルを「各話感想付き」に変えました。

AAA

「魔王城でおやすみ」「アサルトリリィ BOUQUET」「魔女の旅々」
「無能なナナ」「安達としまむら」

AA

「いわかける!」「戦翼のシグルドリーヴァ」「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」
「ご注文はうさぎですか? BLOOM」「魔法科高校の劣等生 来訪者編」

A

「くまクマ熊ベアー」「ひぐらしのなく頃に」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」
「禍つヴァールハイト -ZUERST-」「神様になった日」「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」
「まえせつ!」

B

「100万の命の上に俺は立っている」 「キングスレイド 意思を継ぐものたち」「レヱル・ロマネスク」

C

「神達に拾われた男」

D

切った

「シャドウバース」

AAA

魔王城でおやすみ 第1話「眠れぬ城の姫」

評価: – → AAA

素晴らしいアニメだった。
僕はこのアニメを見るために生まれてきたのかもしれない。

安眠を求めてミッションをこなすみたいな感じで、1話に3つくらいの話が入れられててすごくテンポが良いし、なにより水瀬いのりさんの声が最高。

アサルトリリィ BOUQUET 第3話「ワスレナグサ」

評価: AAA → AAA

2話連続でお風呂シーンを入れてきて神アニメかと思った。しかも、このアニメの風呂シーンは湯気がほとんどない。

このアニメ、太ももの描写に力が入りすぎでしょ。そこが良いんですけど。

女が女の髪をとくシーンがあるアニメは名作なんですよね。
ガチのガチで女しか出てこないアニメで、女の子がデカイ武器を振り回すアニメってだけで満点だった上に、今回のベタベタでありがちながらも女同士の友情を深める演出が良かったですね。

魔女の旅々 第2話「魔法使いの国」

評価: AAA → AAA

アバンの「そう、私です」で気持ち悪い笑顔になった。
イレイナの顔が良すぎる。

魔女見習いになる試験で残れるの1人だけって厳しすぎない?そんなもんか。

いや、この2話でどんなアニメかなんとなくわかったんですが、そういうアニメですか。
……良すぎますね。

今回、この24分間で出会いと別れをキリ良く描いてくれたのが本当に良い。
変に2人でいる時間を引っ張らず、かといって薄っぺらくも無い丁度いい具合でした。

無能なナナ 第2話「時間遡行」

評価: AAA → AAA

ピンク髪、二面性がある、CV大久保瑠美、満貫。

このアニメ、1話の終わりからすると能力無い人間が能力者を戦うこと無く殺していくという話なのか。
今まで能力同士のバトルしか見たことなかったので新鮮ですね。

この時間遡行する奴を能力無しでどうやって殺すんだろうって思いながら見てて、1話で1人殺すのか?それとも次回か?と思ってたら急に死んでた。
最初「は?」って思ったけど2回見直してやっとわかった……。

最初に池を凍らせたのが伏線になってるのなかなかうまいですね。

安達としまむら 第2話「安達クエスチョン」

評価: AA → AAA

「彼氏とかには……」「できたことないよ」「みんな見る目がないね」

「歩いてでも来るなんて偉いね」「しまむら、来てるかなと思って」

あたりで人様に見せられない顔面になってた。

安達がしまむらにキスするところ妄想するシーンも、足の間に座るシーンも全てが良すぎた。
この回を通して思ったんだけど、この安達とかいう女、しまむらのこと好き過ぎるだろ……。

いや、この2話本当に良すぎたのでAAAに昇格してしまった。

AA

いわかける!- Sport Climbing Girls – 第2話「自分を信じて」

評価: AA中位 → AA上位

普通にスポーツアニメとして面白い……。
クライミング部に入って2日目で大会に出て、すぐ登れるわけじゃなくて一度挫折を体験させて「もっとのぼりたい」って思わせる展開が素晴らしかった。
ルートを見つける才能はあるけど、経験が少ないから筋力が足りなくて登れなかったみたいな感じか。
才能あるからって無双するわけじゃないのが良かったですね。

藤田茜さん好きなんで出てるのも良かった。
メチャクチャカマセだったけど。

僕はゲーマーなんで全一って言葉、ゲーム以外では使わないということをはじめて知った。

そういえば、金髪の女のCVが鈴木愛奈さんだったのかなりびっくりした。邪神ちゃんのイメージがメッチャ強かったから全然違う声じゃん。
こんな引き出しもあることにただただ感心した。

戦翼のシグルドリーヴァ 第3話「激戦地回復調査任務!」

評価: AAA → AA上位

計算中から続けて見てるんですが「みやこ」って名前の女が2連続で出てくるんですよね。

今回、宮古がかわいすぎた……。
駒込・アズズのことしか考えられなかったところにこれはズル。

途中までは明るい話だったのに急に重くなるのかよ……。
今回きれいにまとまってたところが高評価でしたね。

評価がAAAからAAに下がってますが、AAAランクに置いてるアニメと比べるとちょっとパンチが弱いかなと思っただけで、3話で評価が落ちたわけではないです。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 第2話「邂逅 ―僕とわたしが出会った敵は―」

評価: AA → AA

敵同士だった主人公とヒロインが互いを意識しだす展開ですね。
この1話ずっとイチャイチャしてたな……。

今回特に動きは無かったけど、それが良かったのと、この敵同士の2人が今後どうなるのかがすごく期待できそうな雰囲気がある。
1話は期待できる割に内容的にはそこまでだったけど、この2話は割とその期待が表に出てきたといった感じがある。

ご注文はうさぎですか? BLOOM 第2話「幼馴染ハート強奪事件」

ゲーセンにいてリアタイ間に合わなかったので来週2話と3話両方書きます。

魔法科高校の劣等生 来訪者編 episode03「来訪者編Ⅲ」

評価: AA → AA

途中の戦闘シーン迫力あったけど、何が起きてるかよくわからん……。
あと、フルフェイスのヘルメットかぶって全身黒ずくめなのに司波達也ってわかったシーンも謎だった(逆にそれが面白かったけど
と思ったけど、銃のデバイスが達也特有だったんだって、後から気づいた……。

でも今回の話はお兄様がかなり活躍してたし面白かったと思う。

作品への理解が低いせいで、イマイチ評価ができてなくて歯がゆいところが少しありますね。

A

くまクマ熊ベアー 第2話「クマさん、少女と出会う」

評価: A → A

異世界アニメにありがちな万能アイテムボックスが出てきて逆に安心した。
いや、異世界アニメじゃない気がするけど。
と思ったらゲームじゃなくて異世界にゲームと同じようにログインしてるみたいな感じなのか?

ゆるくて安心できる良いアニメですね。しかも絵が”””かなり”””可愛い。

ひぐらしのなく頃に業 第3話「鬼騙し編 其の参」

評価: A → A

富竹が死んで(多分)話が動き始めるやつじゃん。
大体記憶の片隅にある鬼隠し編と同じな気がするんだけど、細かいところが違う気がするから、この先どうなるか想像できないんですよね。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ 第2話「片翼 ―モンスター―」

評価: A → A

1話と2話見てる限り、可愛いからってアライグマ飼い始めたら後から凶暴化して飼いきれなくなった話思い出すんだよな……。
いや、ラノベだしなんか起きないと話にならないから仕方ないんだけど、ベルがウィーネを匿うって言い始めたのがそもそも良くなかったんじゃないかなとしか思えない……。

ヘスティアの乳はちゃんとエロかったので良かった。

禍つヴァールハイト -ZUERST- 第1話「THE GETAWAY -Part One-」

評価: – → A

完全に制作会社だけで見始めたんですけどどうなるかが結構気になる。

ソシャゲ原作の割には厚み(定義不明)を感じられて良かったような雰囲気があります。
あと、声が花守ゆみりさんのキャラが良かった。胸の谷間が見えていたので。

どっち側が敵でどっち側が味方なのか今の所よくわからないのでそのへんも含めて気になりますね。
主人公っぽいキャラが人を殺したので元の生活にはもう戻れなそうなところとかも。

神様になった日 第2話「調べの日」

評価: A → A

このひなとかいう女、全てのことを知ってるはずなのになんで映画の脚本で成功しなかったんだとは思った。
でも、曲を作れるとかいう能力を持ってるのは凄いみたいなアンバランスすぎる。

というか、片思いしてるみたいなアレなのに家にすんなり入れるのかよ。どういう仲なんだ……?
いや、幼馴染だからか。

そして最後妹がレ○プされたのかと思って、次どうなるかワクワクしてます。

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第2話「結成ストライクウィッチーズ」

評価: B → A

宮藤と戦艦でネウロイに対抗するけど、整備不良のユニットでは力不足で、もう終わりかと思ったところにみんなが駆けつけてくる展開は流石に興奮したし、1話より面白かった。
ついにここから、襲いかかってくるネウロイに対応するだけじゃなくて、相手側を叩くという方向に変わるということで、期待できそうな感じが割としてきた。

まえせつ! 第1幕「おわらい!」

評価: – → A

お笑いを題材にしてるアニメって今まで見たことなかったんで割と期待してます。
あと、制作がStudio五組なのでそこは期待要素ですね。
(美水かがみって書いててちょっと不安だったけど、絵だけだったので安心した

この話は特にお笑いらしいお笑いシーンも無く、キャラの顔見せ程度に終わったので、1話だけの評価をするとするとちょっと難しいですが、つまらないとはあまり感じなかったのでまぁいいでしょう。
女の子も可愛いし。

B

100万の命の上に俺は立っている 第3話「あたしを助けて」

評価: A → B

冒頭のシーン、共感性羞恥を引き起こすからきついですね……。
おさげでメガネのキャラがドタイプなんでそれはいいんですが、言動が微妙で「好き」だとは思えないっていう。

なんか絶妙に「え?なんでそうなるの?」って違和感が全編を通して感じられる気がするんですよね。
切るほど気になるわけじゃないけど、高い評価にはなりえないみたいな……。

個人的に、設定とか世界の謎に関する部分は面白そうだと思うんですが、それをうまくまとめられてないって感じがしてしまうんですよね。
味方側が弱すぎて戦闘時の選択肢が少なくなってるように見える部分とかも僕はあまり好きじゃないかもしれない。

キングスレイド 意思を継ぐものたち 第3話「先人の遺したもの」

評価: B → B

1,2話見る限り、金かかってそうな割に話がペラペラで純粋につまらないといった感想なんですよね。
聖剣がもう存在してるのに、王を救うために偽の剣を作ったあたりから「え?なんで?」ってなってきて、それで死後裁判にかけられて有罪からのダークエルフが迫害って流れ、全部意味不明過ぎるんだけど……。

まぁ、そっから聖剣を手に入れるための冒険が始まるって展開ですね。
あと、ダークエルフがなんやかんや絡んでくるみたいな、ベタベタのファンタジー世界の冒険みたいな話になるわけかな。

レヱル・ロマネスク 第3話「分科会、始まる」

評価: B → B

「皮だけのおまんじゅう」はちょっと上手いと思った。

C

神達に拾われた男 第2話「スライムたちと旅立ち」

評価: B → C

この主人公が持ち上げられる展開、300回くらい見た。
なんか「このアニメ特有」みたいな部分と、僕が好きな要素が無いんですよね。
今期本数多いし、かなり切る可能性高い。

D

切った

シャドウバース 第26話「伝説を掴め!」

いや、フォロワーを道端に召喚してそのフォロワーで人を襲って「シャドバ」って言ってるんだけどシャドバって何だ……?僕にはシャドバがわからない……。
ここ直近3話くらい全部途中で寝てたし多分切ります……。