2020秋アニメランク1101版 – 各話感想付き

2020秋アニメランク1101版 – 各話感想付き

AAA

「アサルトリリィ BOUQUET」「魔王城でおやすみ」「無能なナナ」
「安達としまむら」「魔女の旅々」

AA

「いわかける!- Sport Climbing Girls -」「戦翼のシグルドリーヴァ」
「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」「呪術廻戦」
「おちこぼれフルーツタルト」「魔法科高校の劣等生 来訪者編」
「ひぐらしのなく頃に業」「ご注文はうさぎですか? BLOOM」
「禍つヴァールハイト -ZUERST-」

A

「くまクマ熊ベアー」「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」
「D4DJ First Mix」

B

「まえせつ!」「神達に拾われた男」

C

「レヱル・ロマネスク」「キングスレイド 意思を継ぐものたち」

D

「神様になった日」

切った


AAA

アサルトリリィ BOUQUET 第5話「ヒスイカズラ」

評価: AAA → AAA

夢結様回だったんですが、前回あたりからキャラ崩壊が始まってて、それが今回決定的になりましたね……。
そのギャップがね。”””萌え”””なんですよね。
特に梨璃の個人情報が見えた時、鋭い眼光で「6月19日……」って呟いてるところが、レズっぽくて最高。

夢結様以外にも、部屋の前に張り出してある名前の字とか、ラムネのおいしそうな表現とか、細かいところも気を抜いてないところは、悔しいけどシャフトの技量が光ってると認めざるを得ない……。

夢結様がレズなのが徐々に表面化していってるのが素晴らしいんですよね。
夢結様と梨璃が抱き合ってるところで、夢結様が汗かいてるのを気にするんですがこれがね。最高。
あと、それを見つめる他のキャラの表情が全員違っててそれも良いんですよね……。

そして、毎回風呂シーンを入れてくれるのもまたね。助かる。

最後に、夢結が梨璃に惹かれてるのがレアスキルによるものかもしれないという可能性が示唆されてるの、「匂わせ」って感じで良い引きだった。
最初から最後まで最高の回だった。
でも4話のほうが好き……。

魔王城でおやすみ 第3夜「姫と禁断の叡智(あれこれ)」

評価: AAA → AAA

睡眠魔法が本人に効かないのは「でしょうね」って感じだった。

水瀬いのりさんに「私の身体を触ってほしい」って言われたすぎんだろ……。
今回も最高のアニメを継続してくれました。

無能なナナ 第4話「ヒーリング」

評価: AAA → AAA

まずナナの下着姿が見れたのが最高だった。
不老不死に未来予知と「これどうすんだよ」ってレヴェルの敵がいて面白くなってきた……。
未来予知の結果が変わらないんだったら、そいつは普通に死ぬと思うんだけどその写真が残ってるのが問題ってことかな。

他の人のアニメ感想を聞いて「不老不死の能力を持つ人間が探偵役になってる」ということに気づいて、このアニメがそこまで考えてたということに更に感心してしまった。

安達としまむら 第4話「女子高生ホリデイ」

評価: AAA → AAA

リアタイだとアサルトリリィ BOUQUETの次なんですが、女の過剰摂取で鼻血出そうになる。

今回も素晴らしかった(それしか言えんのか)。ガチでニヤニヤが止まらんかった。
見どころはたくさんあったんですが、やっぱり最後の安達がしまむらから貰ったジュースの空き缶を保管してるところですよね……。
直前に放送してたアサルトリリィで、「誕生日プレゼントに悩んでたけど、好きな相手から貰ったものはなんでも嬉しい」ってのが主題だったんですが、ここで「続けて女女なアニメを放送しただけでなく、ここでもつながるのか」とリアタイの醍醐味を感じられて謎に加点しましたね……。

魔女の旅々 第4話 『民なき国の王女』

評価: AAA → AAA

今回、当初の目標を達成したのに後味があまり良くないみたいな感じだったのが逆にこのアニメの作風を決定づけた感じで評価できますね。
ただ、僕の好み的にはちょっと審議が必要なので、今回他のAAAランクのアニメよりは評価を落としました。
イレイナは可愛かった。

AA

いわかける!- Sport Climbing Girls – 第4話「強豪クライマー」

評価: AA → AA

菊子ちゃんが一番可愛いということに気づいた。
今回も面白かった。前回好が必死でトレーニングした結果が今回岩場を登った時に発揮できたのが良かった。
次は大会だけど、そこでも発揮してくれるのが楽しみですね。

戦翼のシグルドリーヴァ 第5話「館山基地合流遊撃隊!」

評価: AA → AA

冒頭で男が増えたのが辛かった……。でも風呂シーンの作画気合入りすぎてて最高。
そして、風呂のシーンで大事な話してたから女の裸しか見てなくて知能0.000000001になってて話全部聞き逃した……。
リアタイだとこういう時に弱い。

今回、渡来・園香の重そうな過去の匂わせがあったりとか、オーディンとピラーの関係性の謎とか、次回以降の展開を匂わせる展開が多かった気がする。
次回はピラーの寝込みを叩くみたいな作戦がどうなるのかがすげー気になる……。

不穏な空気が流れ始めてる気はしてる。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 第4話「交差 ―ボルテックス攻防―」

評価: AA → AA

今回も当然のようにイスカとアリスが同じ場所に集合してるのもはや伝統芸能だろ。
まぁ今回は鉢合わせはしなかったけど。
カジノで戦車を買ってその中にいれば無事に帰れるって発想ぶっ飛んでて好き。

まぁ今回はミスミス隊長のおっぱいがデカイことがわかった回でしたね。

呪術廻戦 第5話「呪胎戴天-弐-」

評価: AA → AA 乗っ取られた主人公が戻らなかったらどうするんだろう みたいなのを割と序盤(もう5話だけど)でやってくれるのはいいですね。
え、というか主人公死ぬの?普通に死んでびっくりした。

この主人公の死をキッカケに同級生の2人が強くなりたいって決心するみたいな(超ざっくり)展開が良かったですね。
そして、主人公の死体になにかあるんじゃないかって引きも良くて、次の展開につなげてきそうでそこも面白かった。

おちこぼれフルーツタルト 第2話「ろっくなしんがっき!」

評価: AA → AA

この手のアニメでありがちなメンバーで曲を作るみたいな展開。
ロコちゃんが一番かわいい。

魔法科高校の劣等生 来訪者編 episode05「来訪者編Ⅴ」

評価: AA → AA

話がややこしかったので、2回見ましたね……。
結局全部理解したわけじゃないけど。
もうなんか雰囲気を楽しむアニメになりつつある。

今回、珍しくちょっとハラハラしたし、結局達也たちの作戦が成功しなかったといった事態になり、Cパートでパラサイトが誰か(知らないんだけど、僕が忘れてるだけ?)に取り憑くという展開になって、次回が楽しみですね。

ひぐらしのなく頃に業 第5話「綿騙し編 其の壱」

評価: AA → AA

最初の人形を魅音(本当に魅音なんだっけ?)に渡すシーン、ここ魅音に渡さないと終わるんだっけ。
詩音と会った時「初対面じゃないみたいな反応」って言うの、どっかで入れ替わってるのを示唆してるみたいなアレか?
あと、その後「バイトに行く」ってくだりにいるのも、ここ魅音じゃなくて詩音では?
いや、「逆に」こっちが魅音なんだっけ……。もうわからん……。
クレジットには「園崎詩音」の名前が無かったのも気になる。

ご注文はうさぎですか? BLOOM 第4羽「あったかもしれない日常」

評価: AA → AA

なんか気づいたら終わってたから何も書くことがない……。
宇治松千夜がエロい以外の記憶が無い……。

禍つヴァールハイト -ZUERST- 第3話「Of Creatures and Men」

評価: A → AA

冒頭の妹を連行するってくだりからもう怪しすぎるんですよね。
と思ったら、それについての話は次回以降っぽい。

今回、人体実験についての話が出てきたけど、この話もこの先掘り下げていくのか?
結構スケールでかくなってきた気がするけど、どうなるのかは気になりますね。

割と面白い気がするし、AAランクでいいかな。

A

くまクマ熊ベアー 第4話「クマさん、領主に会う」

評価: A → A

1話の直接の続きがこの4話ってことなんですね。
2,3話がこの物語の始まりみたいな。

ちょっと感動系の話。
病気を治す魔法のイメージをするみたいなところで、もうちょっと苦労するかと思った(病気の症状を調べるとか)んですが、まぁこれくらいがちょうどいいかな。

とにかくかわいいという言葉はこのアニメにこそふさわしい。
主人公が無欲すぎるのもなんだかなぁと思うけど「守りたい。この笑顔」って気持ちには僕もよくなる。主にアニメ見てる時。

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第3話「二人ならできること」

評価: A → A

バルクホルンがルッキーニにやったことを理解させるの、メチャクチャ良いな。
それはそうとして、シャーリーとルッキーニの2人も良い。これがこのアニメだってことを思い出した気がする……。

ネウロイの撃破がちょっとあっけなかったけど、まぁ今回大事なのはそこじゃなかったので良いでしょう。
今回結構良かったので評価微増で。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ 第4話「遠い夢 ―あこがれ―」

評価: A → A

結局ウィーネとは別れるんですね。まぁ仕方ないよね。
今回、ヘスティアの乳が見えてるシーンが少なかったので微妙でしたが、普通に話が動いたので面白かったです。
敵側のファミリア、いかにも悪そうな見た目してるな……。ここまで悪役っぽいと清々しい。

D4DJ First Mix D4DJ_01 「First Mix」

評価: – → A

よくわからないけど、勢いがあって良かった気がする。
DJ機材のCG?が気合入ってるなぁって描かれ方だった。
DJを題材にするってのは珍しいけど、主人公の才能に気づいて「これなら……」って思う展開、割と王道的でバランスが取れてる気がした。

この先どうなるかわからないし、そもそもDJが何するか僕も(主人公と同じく)知らなかったので、この先も楽しみですね。

B

まえせつ! 第3幕「もくひょう!」

評価: A → B

気づいちゃったんですが、このアニメキャラが絶妙に可愛くない……。
僕は先週の漫才結構面白かったと思うんだけどな……。もしかして僕のハードル低すぎ?

再生数572回で「あんまり再生されてない」はちょっとハードルが高すぎないか?無名も無名な芸人がYoutubeに上げるだけで572回再生されてるのは結構じゃないか?
動画サイトがアニメに出てくるの今どきのアニメっぽくて良いですね。いや、良いか?

今回だいぶつまらなかった……。
お笑いのネタって「これが絶対面白い!」ってやつ無いから、主人公たちに比べてJKクールとかが優れてるみたいな描写が難しそうだと感じた(実際、今回のネタより前のネタの方が面白かった気がした

お笑いという題材、もしかしてアニメと合ってないんじゃないかと思ったのでBランクですね……。

神達に拾われた男 第4話「スライムたちと清掃作業」

評価: C → B

共同トイレの清掃がスラム街の人間に委託されてて、それがどうのこうのみたいな話がなんかこの手のアニメでは珍しくてちょっと見直した。
この掃除を任されるみたいな流れで、それだけで済まさないみたいなのは良かった。
前「このアニメ特有のものが無い」って言ったけど、その点に関しては問題ないかもしれない。

でも、スライムが活躍するって絵が地味なんだよな……。
今回、まぁちょっと面白かったのでBランクに昇格します。

C

レヱル・ロマネスク 第5話「永遠のライバル」

評価: B → C

女が可愛い。
5分しか無いし、中身無いし、マジで感想書かなくていい?

流石にって感じなのでCランクですね……。
Cランクは「内容が印象に残ってない」って位置づけなので。

キングスレイド 意思を継ぐものたち 第5話「聖剣の力」

評価: C → C

勇者たちサイドの話、あまりにも真っ直ぐ話が進みすぎて流石にきつい……。
魔族っていう存在は、ただ自然災害的に存在してるだけで発生してる原因とか背後に何かがあるみたいなことが無さそうなのが薄っぺらいんですよね。

今後ダークエルフ側の陣営が主人公たちに絡んでくるって部分をどうするのかってところに希望を持つしか無いんですよね……。

最後で出てきた女が、この旅の目的を疑問視するようなことを言っててそこがちょっと気になるのでまだもうちょっと見るか。

D

神様になった日 第4話「闘牌の日」

評価: B → D

ひなが麻雀やったらゲームぶっ壊れるだろと思ったけど、麻雀は普通にやるのか……。
ひながネット麻雀やってる時の相手が「少井隆晴」だったのはちょっとおもしろかった。

でも、主人公がルール知らないのに大会に出てメチャクチャやって優勝って展開は、麻雀は中途半端に知ってるからこういうのされると恥ずかしくて見てられない……。
僕は麻雀のルールをある程度知ってて、割とやってる方なので、アレと対局してる側の気持ちになってしまって、凄くモヤモヤする。
あんなメチャクチャなことやるんなら別に麻雀じゃなくて良くない?なんで麻雀を選んだのかわからない。
こんな話やるくらいなら、まだひなが能力を使ってメチャクチャ勝ちまくるみたいな回やってくれたほうがマシだった(最初それ想像して微妙な気持ちになったけど、今回の話よりはマシ

正直、相当不愉快な回だった。面白くないし。これで面白いんならまだいいけど、全然面白くない(個人差あり)。
なんかノリが昔のニコニコ動画みたいなノリで、時代遅れ感があるんですよね。
こんな意味不明な回やっておいて、最後尺が足りないみたいな中途半端な終わり方したらマジでキレるからな?

オチもつまらなかったしマジで何?結局「少井隆晴」が出てきたところがピークだった。
今まで「これからだから」って思って見てたけど、猶予この回までだけど?次回同じようなアレだったらもう次は無いけど?

切った