【2021夏】週間アニメ感想7月18日版(第2,3話)【カノジョも彼女、迷宮ブラックカンパニー、精霊幻想記】

AAA

「カノジョも彼女」「精霊幻想記」「魔法科高校の優等生」
「出会って5秒でバトル」「小林さんちのメイドラゴンS」

AA

「迷宮ブラックカンパニー」「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X」「東京リベンジャーズ」
「ひぐらしのなく頃に卒」「ピーチボーイリバーサイド」「SCARLET NEXUS」
「現実主義勇者の王国再建記」

A

「ぼくたちのリメイク」「死神坊っちゃんと黒メイド」「かげきしょうじょ!!」
「探偵はもう、死んでいる」「EDENS ZERO」「転生したらスライムだった件 第2期」
「白い砂のアクアトープ」

B

「チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~」「月が導く異世界道中」

C

切った

「BLUE REFLECTION RAY/澪」


まだ

ジャヒー様はくじけない! 第1話「

評価:

女神寮の寮母くん。 第1話「

評価:

AAA

カノジョも彼女 第3話「三人の場所」

評価: AAA → AAA

今回も面白かった。
突き抜けてる感というか、まともな人間がいないってところが好きなんですよね。
渚ちゃんの大人しそうな反面、実はだいぶヤバいところのギャップとか、咲ちゃんの思い込みが激しくて空回りしがちなところとかが大げさに描かれてるのが楽しいんですよね。

それなのに、下着で直也に迫っていったけどダメだった次のシーンで1回部屋に入って着替えてから外に出ていくのをわざわざ見せていたってところが中途半端に常識的でバランス良いなって思っちゃったんですよね。
あと、咲ちゃんが直也からの呼びかけにちゃんと対応してたのが可愛いんですよね。ツンデレかよ。
CV佐倉綾音さんのツンデレは脳に良いとされてるらしいね。

精霊幻想記 第2話「王立学院」

評価: AA → AAA

セリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレールセリア=クレール

萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え

CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高
CV藤田茜さんの銀髪萌え女最高

1話で5年経過させて、主人公があのヤな奴に復讐したスピード感が良かったね。
あとは↑の通りです。

魔法科高校の優等生 第3話「少女探偵団、始動よ!」

評価: AAA → AAA

着替えシーンのエロさがマジでヤバかった。
劣等生の前半をなぞってるんですけど、本編ほどシリアスにならずにコメディ寄りなのが良いね。

ほのか、おっぱいのデカさは負けてないぞ。頑張れ。

出会って5秒でバトル 第1話「詭弁家」

評価: AAA

いや、メッチャ面白かったですね。
結構な急展開だったんですけど、ギリギリ「は?」ってならない範疇だった(個人差あり)ので、面白い部分だけが詰まってたような1話でしたね。
あと、胸がデカいCV鬼頭明里さんのキャラが萌えでしたね。

こういうアニメって主人公の能力で面白さが割と決まってくると思うんですけど、最初「え、その能力かよ」って思ったんですが、実はかなり意外性ある能力だったってところが良かったですね。
1話からOPED両方流してくれたのも好印象ですね。どっちも結構良い曲だった。

小林さんちのメイドラゴンS 第2話「イケメン、小林!(いろんな意味で)」

評価: AA → AAA

小林を男にすれば…ってやつ、メチャクチャ効率的な気がして、こんなにも効果的(に見えそう)な手口を考えられるなんて作者は絶対性欲が強い男だろ。
僕なら3秒で耐えられないからな。というか、小林とトールなら別に大丈夫じゃねって思ってしまったんだが。

小林がトールに迫られた時、メイド服脱いだだけで萎えるのわからないけどわかるな……。
僕は全裸が好きなので(妹さえいればいい。は非常によく分かるラノベだった)、着衣→全裸の流れさえあればいいんですが。

このアニメ、流石にクオリティが高すぎる……。
テンポの良い展開、可愛い女の子、違和感の無い作画、演出、どこを取っても一級品すぎる。
これはもうAAAにするしか無いんだよな……。

AA

迷宮ブラックカンパニー 第2話「アリえない戦い」

評価: AA → AA

前回は割と主人公の立場の落差で笑わせてくれたのが良かったんですが、今回は話が進んだような感じがあってこれはこれで面白かったですね。
アリを仲間に引き込んで、迷宮ブラックカンパニーを設立するって展開は流石に読めなかった。
今後の展開メッチャ期待できますね。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 第3話「囚われの身になってしまった…」

評価: AA → AA

カタリナが誘拐されたのに好き放題やってるのが「らしく」てよかった。
今回、裏で新たな思惑が動いてるみたいな感じで、前クール破滅フラグを回避してどう話続けるんだ?ってところだったけど、今回また話が続くような内容になってますね。

カタリナ脳内会議が2回もあったことと、カタリナがセリーナを励ますシーンが特に今回良かった……。
でもカタリナ、お前人に「人の気持ちはちゃんと確かめなくちゃ」って言ってたのにお前自身は……。

東京リベンジャーズ 第14話「No Pain,no gain」

評価: AA → AA

このアニメ、出てくるキャラが一人残らずクレイジーなんですよね。
そういうところちょっと気に入ったかもしれない。

ひぐらしのなく頃に卒 第4話「綿明し編 其の壱」

評価: AA → AA

この解答編、正直「まぁそうだよね」みたいな感じになってるんだよな……。
沙都子が気が遠くなるくらいの時間かけて銃を練習できるのに勉強はできないのかって視聴者全員突っ込んだと思う。

拳銃手に入れたルートが競馬で勝って鉄平酔わせて買いに行くとかもう笑ってしまった。

ピーチボーイリバーサイド 第3話「サリーと岐路」

評価: AA → AA

サリーの乳がデッッッッッッッカかった。
いつの間にか谷間見える服着てエロかった。

今回、はじめて時系列が飛びましたね。
鬼側が怪しすぎて本当に人との融和を望んでるのか全くわからんな……。

SCARLET NEXUS 第3話「陰謀」

評価: A → AA

結構いきなり展開してきましたね……。
ちょっとおもしろくなりそうな雰囲気あるけど、用語があまりにもわからなすぎるんだよな。

とりあえず見たままを感じてれば後々わかるようになる?

脳力者は等しく怪異になる可能性があって……みたいな感じなんかな。
正直、最後自分たちを囲ってたのが誰かがよくわからなかったんだよな……。

現実主義勇者の王国再建記 第2話「ただ才あらば用いる」

評価: A → AA

今回、予想外にメチャクチャ良かった……。
このアニメが来るなんて思ってなかった。
事前の期待は微妙だったのはあるけど。

いや、どこがどう面白かったか凄く説明しづらいんですけど。
この新しいキャラがこういう見どころがあるみたいな見せ方が良かったんですよね。
「こう来たか」みたいな。
直前のかげきしょうじょ!!でデブがこき下ろされたあとにデブが評価されてるみたいな要素もあったかもしれん。
こういうワケワカランところで評価上がるのがリアタイの面白いところなんですよね。

最後のメチャクチャ気になるところでの引きも凄く続きが見たいって思わせてくれて、全体的なバランスが良かった。

そして、上田麗奈さんは日本随一の顔と声だから凄いキャスティングだと感心しながら見てました。

このアニメを独占配信のアニメに決めたFODのことちょっとは見直したかもしれん(課金はしませんが

A

ぼくたちのリメイク 第3話「ぼくは何者なんだろうって」

評価: A → A

主人公の機転によってこの作品が形になっていく様は胸が熱くなりましたね。
でも、万全なら…って後悔があるってところがまた良いんですね。
若いし、まだ「ここから」っていう伸びしろがある。

その後、英子ちゃんが先生(姉)にからかわれて赤面するのが……萌え……ですね。

次のカラオケシーン、声優がヘタクソに歌うのメッチャ難しいだろうな……。
ちゃんと歌えば上手い人が、ちゃんとヘタクソに聞こえるように歌うのがマジで凄い。
僕はマジで歌がヘタクソなんですけどね……。
で、そのキャラ自身が「下手なのに歌うのが楽しい」って言い切っちゃうのがポジティヴで印象凄く良いんですよね。

他のキャラは主人公に影響を受けてるように思ってるけど、実際はこの主人公が他のキャラたちに受けた影響のせいでこうなってるっていう構図が面白いですね。

死神坊っちゃんと黒メイド 第2話「坊ちゃんと執事と迷い猫」

評価: A → A

呪い云々ってところは解決せずにこのままゆるいラブコメを続けていく感じなのかな。
今回、水瀬いのりさんの萌え萌え女が出てきて最高でした。

かげきしょうじょ!! 第3話「クマのぬいぐるみ」

評価: A → A

ゆみり(僕は声優の花守ゆみりさんのことをこうやって呼ぶ気持ち悪いオタクです)が男嫌いになっていく過程を演じてるのがとても素晴らしかった。
特に「キスでは妊娠しないことを知った」ってセリフが聞けて良かったり、「ひぃっ!」って声が真に迫ってる気がした。
個人的な妄想かもしれないですが、ゆみり(僕は声優の花守ゆみりさんのことをこうやって呼ぶ気持ち悪いオタクです)というか女性声優の大半はオタクのことこんな感じで気持ち悪がってるんだろうなって思ってるので、こういう演技に深みがあるなって高く評価してしまう。
こういうこと書いてると、作中で男がキモがられる原因を作ってるのが僕みたいな人間なんだろうなって思えてくるんですけどね。

というかこのストーカーしてきたオタク、推してたアイドルに存在覚えられてるのオタク冥利に尽きるだろ。
このオタクがなんか実は悪いやつじゃない雰囲気醸し出してるけど、来週どうなるのか気になるところですね。

探偵はもう、死んでいる 第2話「今も、ずっと、憶えてる」

評価: A → A

シエスタちゃんが出てこないこのアニメ見る価値ある?

心臓移植を題材にしたアニメもう何個か見たことあるけど、心臓ってただ血液を送るだけの臓器なのに記憶とか感情に関することまで引き継がれるわけ無くね?って思ってしまって白けてしまうんですよね。
と思ったら、実際にそういう症例があるみたいですね……。嘘だろ。

まぁまぁ悪くないかなって感じだったけど、特に「これは!」ってものを感じなかったし、最後に出てきた女が萌えた以外の特筆すべき点も無いので、まぁAランクかな……。

EDENS ZERO 第14話「丘の上の少女」

評価: A → A

今回はエッチなシーンが少なめだったので微妙ですね……。

転生したらスライムだった件 第2期 第38話「人魔会談」

評価: A → A

特になし。

白い砂のアクアトープ 第2話「濡れるのも仕事のうち」

評価: B → A

2話見て「思ったより面白いな」って思った。
方向性がちょっと見えてきた気がする。

ブラック労働を誇りにしてるみたいな仕事ものってあんまり好きじゃないので、過度にブラックにならないといいな。

B

チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~ 第2話「本日の処方箋 その①食器用洗剤キュキュキュのキュッ/その②魔獣コナーイ/その③カプシン液」

評価: C → B

ノエラちゃんがモフモフされて微妙な表情してる瞬間だけのアニメかもしれんな。

と、思ったけど案外悪くないかもなこのアニメ……。
いや、良いとは言いませんけど……。
なんというか、このアニメが異世界に転生してきたバックボーンを一切語らないのも、ポーションがどういう液体でどういう効能があるかってのを深く語らないのも、「そういうもの」だと思えば、結果だけを楽しむアニメとして意外と悪くないな。
ノエラちゃんがかわいいし。

月が導く異世界道中 第ニ夜「災害の黒蜘蛛」

評価: C → B

萌えない。
でも、1話の印象よりは悪くないことに気づいた。

C

切った

BLUE REFLECTION RAY/澪

評価: B → –

ちょっと見る気が起きなかった……。